ホワイピュアはニキビ跡に効果ある?

シミやそばかすに非常に効果が高く、飲むことで身体の内側からそれらに対策ができる医薬品『ホワイピュア』は、美意識の高い女性に非常に人気が高いです。
年齢問わず様々な人が利用しているホワイピュアですが、ニキビ跡にも効果があるのかどうかも気になるところですよね。
今回はホワイピュアはニキビ跡に効果があるのかどうかについて、有効成分などを見ながら解説していきたいと思います。

ホワイピュアの5つの有効成分

ホワイピュアの5つの有効成分

L-システイン

L-システイン

ホワイピュアの特徴でもあるシミやそばかす対策に効果的なのがL-システインです。メラニンの過剰な生成を抑制してくれます。
240mg配合されています。

アスコルビン酸

アスコルビン酸

アスコルビン酸はビタミンCの1種でメラニンの生成を抑えて、ビタミンEをサポートしてくれたりコラーゲンを作ってくれたりする効果があります。
1,000mg配合されています。

リボフラビン

リボフラビン
ビタミンB2の1種で皮膚や細胞の代謝を良くしてくれます。
6mg配合されています。

ピリドキシン塩酸塩

ピリドキシン塩酸塩

ビタミンB6の1種でリボフラビンと同じく皮膚や細胞の代謝を促進してくれます。
12mg配合されています。

コハク酸d-α-トコフェロール

コハク酸d-α-トコフェロール

アーモンドなどにも含まれる天然型のビタミンEになります。紫外線などから肌を守る効果があります。
50mg配合されています。

ホワイピュアがニキビ跡をサポート

ホワイピュアのビタミンCがニキビ跡をサポート

上記の有効成分を見てみると、L-システインが多く配合されていることがわかると思います。
これによってシミやそばかすを内側からなくしていく効果が期待できるようになっています。

そしてそれ以上に目を見張るのがアスコルビン酸です。
なんと1,000mgも配合されているんです。

実はこのアスコルビン酸というビタミンCが、ニキビ跡の改善やニキビができにくい肌作りに非常に効果的なのです。
そんなビタミンCが1,000mgも配合されているということでホワイピュアはニキビ跡にも非常に効果があります。
ではビタミンCがなぜニキビ跡に良いのか、その理由について下記で説明していきたいと思います。

ビタミンCがニキビ跡に効く理由

なんとなく身体に良さそうなビタミンCですが、どうしてニキビ跡に効果があるのかについて解説していきます。

ニキビができる理由

ニキビは毛穴に過剰に皮脂がたまってしまうことで起こる肌の炎症のようなものです。
直接的な原因は肌の水分不足によるものです。
いわゆる乾燥肌といわれてる肌だけでなく、ストレスや生活習慣の乱れなどから一時的に肌中の水分が枯渇してもニキビができます。

なぜビタミンCが効果的なのか

ビタミンCには肌のターンオーバーを促進させてくれる効果があります。
つまり新しい肌細胞を生成して古い細胞から生まれ変わらせる力があるということです。
これによって高い美肌効果を得ると同時に、肌中の成分のバランスを正しく保つことができるようになっています。

またホワイピュアの場合ですとビタミンCだけでなくビタミンB2やビタミンB6の効果もあって、更に高いターンオーバーが期待できるようになっています。

ニキビとニキビ跡は違う

ビタミンCを多く摂取することでニキビができにくく治りやすい肌になることがわかったと思います。
しかしニキビが治っても跡は残りますよね。
これはニキビによって引き起こされた肌へのダメージの跡で、シミのようなものです。

ここまで読んでいただけた方ならピンときた方もいるかもしれませんが、もともとホワイピュアはシミやそばかすに高い効果があることから人気の医薬品です。
たくさんのL-システインが肌のシミを防いでくれるようになっているので、ニキビ跡にも非常に効果が高いということです。

様々な効果が期待できるホワイピュア

様々な効果が期待できるホワイピュア
シミやそばかす以外にもニキビやニキビ跡にも高い効果ができるホワイピュア。
他にも肌のターンオーバーを促進してくれるのでアンチエイジング効果があったり、生理時などのホルモンが不安定な時の肌荒れにも高い効果を発揮してくれます。

もしホワイピュアが気になるという方は是非参考にしてみてください。