ホワイピュアの成分は効果ある?

ホワイピュアは効果効能が確認されたシミに効く医薬品になります。シミに効く有効成分を数多く含んでいることが医学的な根拠にもなっているのです。
今回はホワイピュアに含まれる成分を解説させていただきます。

目次

ホワイピュアのシミに効く成分

ホワイピュアのシミに効く成分
ホワイピュアがシミに有効なのは、シミの発生を抑制する成分と代謝を促して沈着した色素の排出を促す成分が含まれているためです。
主要な成分となっているのがシミの抑制を行うL-システインです。
L-システインに加えて肌の代謝を促すためのビタミンなどを組合せて作られたのがホワイピュアなのです。ビタミン類などが含まれた美白サプリメントなどは多いものの、医薬品としてL-システインを含んだものは数が少なく、リピーターが多い理由にもなっています。

L-システイン

ホワイピュアの主要な成分です。シミの主な原因となるのがメラニンの過剰な分泌です。紫外線や肌を強くこすった際の刺激、肌の炎症などが原因でメラニンが過剰に分泌されるとシミの原因となります。
睡眠不足など重なればさらに影響が強くなりますが、L-システインを摂取することで過剰なメラニンの分泌自体を抑制することができます。
もちろんしっかりと睡眠をとることも重要ですが、何かと肌にストレスがかかりがちな女性の見方になってくれる成分なのです。

そのほかのホワイピュアの成分

そのほかのホワイピュアの成分
ホワイピュアにはL-システイン以外にも様々なビタミンが含まれています。ビタミンの中には体の中で消費されてしまうものも存在し、習慣によっては食事だけで足りなくなってしまうものもあります。
しかし、ビタミンの中には美白に関わるものや体の代謝に関わる成分が多く、ホワイピュアで補うことは大きなプラスになることがあるのです。

ビタミンC

美白成分としても知られるのがビタミンCで、水溶性で体から失われやすいことでも知られています。美白成分といわれるのはメラニンの抑制作用があり、抗酸化作用を持つビタミンEの働きをサポートしてくれるからです。
体の中にためておくことが難しい成分のため、食事やサプリメントなどから積極的に摂取する必要があるのです。また、食材を加熱すると水分と一緒に外にでてしまうことでも知られていて、調理方法によっては摂取できる量が減ってしまうのも特徴です。

ビタミンB2

皮膚や粘膜の働きを助けるビタミンで、レバーやウナギ、卵や納豆などに多く含まれています。活発に活動するほど失われていく成分でもあり、運動をしている場合や妊娠中に不足しやすい成分としても知られています。
代謝を助ける成分の1つです。

ビタミンB6

カツオやマグロに多く含まれることで知られるビタミンです。皮膚の代謝を促し、肌の健康維持に役立ちます。新陳代謝を高めて色素の排出を促すために含まれている成分で、不足すると皮膚炎や湿疹に繋がる場合があるのも特徴です。
また、血液の生産に関わる成分でもあり、生理の症状が重い人はビタミンB6の不足が見られたという研究もあります。

ビタミンE

抗酸化作用があることで知られるビタミンで、食品の保存性を高めるために使われることもあります。体の酸化防止に必要な成分であり、紫外線の影響を和らげ、メラニンの沈着を抑制する成分としても知られています。
ビタミンEと組み合わせると相乗効果を見込めるのもポイントで、他のビタミンとあわせて肌の代謝を高め、色素の排出を促すことに貢献します。

まとめ

まとめ
ホワイピュアはシミへの効果が認められたL-システインを中心に肌の代謝を促すビタミンや、シミの抑制を行うビタミンを組合せて作られています。日常生活に不足しがちなビタミンを補いつつ、シミ対策ができるのもホワイピュアの魅力なのです。