ホワイピュアとピュアホワイト比較

シミがこわい!紫外線がこわい!透明なお肌をとり戻したい!女性なら、一度は直面する悩みではないでしょうか。美白対策を万全にするには、日々のスキンケアに加えて、身体の内側からのアプローチも必要ですね。
飲む美白対策といえば、ホワイピュアとピュアホワイトが有名ですが、名称が似ているだけに違いが気になりますよね。両者を比較して、違いを徹底的にチェックしてみましょう。

ホワイピュア・ピュアホワイトはっきりしているのはどっち?効果を比較

ホワイピュア・ピュアホワイトはっきりしているのはどっち?効果を比較
ホワイピュアの効果

  • シミ、そばかす、日焼け、かぶれによる色素沈着などの症状をやわらげる
  • 歯ぐきや鼻などからの出血を予防する
  • 肉体疲労時、妊娠期、授乳期、病気などの体力低下時、老年期のビタミンC補給

ピュアホワイトの効果

  • 紫外線が気になる方にオススメ
  • お肌の透明感がほしい方にオススメ
  • 年齢に負けないお肌を目指す方にオススメ

効果を読んでみると、ホワイピュアの説明は、より具体的ですね。ピュアホワイトは、ふわっとした説明に留まっているようです。

シミに対応できるのはどっち?製品タイプを比較

シミに対応できるのはどっち?製品タイプを比較
2つの製品の効果説明に違いが出るのは、両者の製品タイプが異なっているためです。ホワイピュアは、製品タイプとしては「医薬品」に分類されています。特定の症状に対する効果効能を、明記することが可能な製品です。

対して、ピュアホワイトは「美白サプリ」。サプリメントは、栄養成分の効果の記載しかできません。「紫外線に効く栄養成分が入っていますよ」と説明することはできても、「この症状に効きます」と言い切ることができない製品です。

美白に効く製品だと、ハッキリと言いきれるのは、ホワイピュアということになりますね。

ホワイピュア・ピュアホワイト成分を比較

ホワイピュア・ピュアホワイト成分を比較
1日分の量 成分
ホワイピュア(1日分6錠) 6錠 アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
リボフラビン(ビタミンB2) 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 12mg
コハク酸d-a-トコフェロール(天然型ビタミンE) 50mg
ピュアホワイト 8錠 クコの実エキス 1500mg
トコトリエノール 7.5mg
ライチ種子エキス 50mg
ハトムギエキス 25mg
菊花エキス:5mg

ホワイピュアの1日あたりの服用量は、6錠。
ピュアホワイトは、8錠なので、飲まなければいけない量が、やや多いんですね。

また、錠剤の量に対して、栄養成分はホワイピュアの方が多いことも分かります。ビタミンCやビタミンEなど、倍以上の開きがありますね。ピュアホワイトは、クコの実やライチの種から抽出したエキスから、プラス成分を補っているのかもしれません。

ホワイピュアとピュアホワイトお得なのはどっち?価格を比較

ホワイピュアとピュアホワイトお得なのはどっち?価格を比較
ホワイピュア(180錠30日分)は、楽天やAmazonなどの大手通販サイトでは購入できません。公式サイトで購入するのみです。他でゲットできないぶん、定期購入コースを利用すると、定価5,800円が67%OFFの1,900円(税抜)になる、嬉しいサービスが受けられます。
回数縛りもないので、次回お届け日の10日前までに連絡すれば、すぐに解約できることも魅力です。

ピュアホワイト(240錠30日分)は、楽天とAmazon共に取り扱いアリです。しかし、最安値を見ても、どちらも3,000円超え。ちなみに、定価は4,320円(税込)です。公式サイトの方が安いかも?と思ってチェックしてみると、定期コースのキャンペーンがありました。3回継続して購入すると、1,200ポイントがもらえるものです。貯まったポイントは、資生堂の通販で利用可能です。
さらに、資生堂のクーポンやノベルティなどのプレゼントが毎月もらえるサービスもありました。資生堂系列のグッズがほしい方にはチャンスですが、直接的な割引の方がいい!という方には、微妙かもしれません。

まとめ

まとめ
よく似た2つを比較してみましたが、医薬品であるホワイピュアの方が、一歩リードしている印象があります。効果もハッキリと記載されていますし、定期購入コースの割引率も高いですね。回数縛りもないので、本格的な美白対策を考えている方は、ホワイピュアを試してみてはいかがでしょうか。